インストール対象のサーバー以外でよいので、事前にWebPICMDを使えるようにしておきます。 ◆オフラインインストーラーの準備 webpicmd /offline /Products:ServiceBus /Langua […]

Comments Off

SharePoint Server 2013から新しいワークフローインフラに移行しましたよね。新しいワークフローから、構築では色々と面倒な事が増えてきています。 2010ワークフローのみ使用するのであれば、下記のような手 […]

Comments Off

そのままなのですが、入力内容の検証も標準機能では、実装が難しい機能の一つです。 SharePoint Designerを使用してバリデーションの実装は可能ですが、ちょっと面倒なのですよね。 その様な時は、この製品。 Sh […]

Comments Off

これって、標準では対応できないのですよね。 列単位で表示非表示の制御や、編集可否の制御! ワークフローで管理番号を採番し、列に保存しても手動で変更可能なのですよね。 標準では、SharePoint列単位で表示のみ許可する […]

Comments Off
30
4月
stored in: SQL Server, Workflow and tagged:

基本はInfoPathでの採番と同じです。 お手軽にNintexでSQLを実行するのみです。採番を自作することで、色々な業務要件に対応する事が可能になります。 実行するプロシージャは下記の様な感じです。 CREATE P […]

Comments Off

C:>stsadm -o getproperty -pn job-workflow -url http://server <Property Exist="Yes" Value=&quot […]

Comments Off

最近Nintex vWorkflowを触ることがあるので、軽く小ネタ Nintex WorkflowのEnterprise版では、ADのユーザーを操作する機能があります。 でも、操作する前に現状のセキュリティグループをど […]

Comments Off

やればできる物ですね。 但し、標準のワークフローでは実装できないので、Nintex Workflowを使用して実装します。 SQLコマンドを実行するアクティビティを開発すればNintex Workflowは必須ではないで […]

Comments Off

ワークフローを修正すると、下の様に古いバージョンのワークフローは不活性状態で保存されます。 これは、ワークフローの処理中にワークフローを変更してもエラーにしない為の仕様だと思います。(EUC向けの仕様だと思います。) 以 […]

Comments Off

リスト(ライブラリ)側の設定が終わったら、SharePoint Designerでワークフローを作成します。 下記の様に、アイテム作成時にワークフローが動くようにします。 次に、”対象者列”によって「Grant Perm […]

Comments Off