って解決していたのですね。

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3087184

上記のKBに従って、インストーラーを共有フォルダにでもコピーして、インストール用DLLを修正プログラムに差し替えたらOKなのですね。

Comments Off
23
11月

第一報は、お客さんからの問合せでした。
サードパーティ製品製品でパスワード変更が出来なくなった!
これまた、お客さんからの指摘で「MS16-101」をインストールすると失敗するっぽい!との事。
KBにはこの様な記載があります。解決策は、現時点で回避策を試すしかないようです。

MS16-101 のインストール後に、以前は成功したパスワード変更に失敗する場合、前回は Kerberos が失敗したため NTLM フォールバックによってパスワード変更を行っていた可能性が高いです。Kerberos プロトコルを使用してパスワードを変更するには、次の手順に従ってください。

Microsoftも認識している様で、MS16-101を導入するとSharePointでパスワードの自動変更を失敗する旨の記載があります。SharePoint 2016の更新で2016年11月(KB3127940)を確認すると下記の記載があります。
「Managed account password change fails after you have KB3167679 and KB3177108 installed.」

この機能は、SharePointのバージョンに関係なく問題が発生します。
サードパーティ製品や開発アプリを使用しないでも、パスワード自動変更を構成している場合に問題が発生するようです。

該当する機能を使用している場合にMS16-101を適用する場合は、自社内に作成した評価環境で念入りに検証する必要がありそうです。

Comments Off
04
4月
stored in: 未分類 and tagged:

http://sharepointupdates.com/Patches

だれがメンテナンスしているのだろう?

Comments Off
28
11月

 

とりあえず、よくまとまっていたのでリンク

http://ericoverfield.com/site-collection-and-web-path-using-javascript-sharepoint-2013/

 

黄色く塗っている場所がアクセス中のサイトです。

 

Example URL: http://yourdomain/sites/hr/pages/default.aspx

_spPageContextInfo.siteServerRelativeUrl returns: /sites/hr

_spPageContextInfo.webServerRelativeUrl returns: /sites/hr

 

Example URL: http://yourdomain/sites/hr/onboarding/pages/default.aspx

_spPageContextInfo.siteServerRelativeUrl returns: /sites/hr

_spPageContextInfo.webServerRelativeUrl returns: /sites/hr/onboarding

Comments Off

ネタ元

http://blog.sharepointexperience.com/2012/04/boil-down-to-basics-sharepoint-2010-ribbon/

 

やり方は簡単、マスターページを編集して、「s4-titlerow」がある辺りを探して下記のように変更すればOK

<!– <div id=”s4-titlerow” class=”s4-pr s4-notdlg s4-titlerowhidetitle”> –>

<div class=”s4-pr s4-notdlg”>

 

そうすれば、リボンメニューとトップリンクバーが同時に表示されます。


 
 

Comments Off

これって結構使いますよね。

通常のカスタムリストなら、Accessを使ってリストアイテムをコピーするのですが、ハイパーリンクとかテキスト型以外になると、難易度が高くなってしまいます。

そこで、アイテムをインポート/エクスポートするWebパーツを開発してみました。

興味がある方は、弊社まで問い合わせて下さいませ。WFE辺り10万位30万未満で販売しようかと思います。

買いたい方が現れたら製品化を急ぎます。

https://youtu.be/iGXm_Qflvp4

Comments Off
25
8月
stored in: 未分類 and tagged:

という事で、インストールしてみました。

昨日、SharePoint 2016プレビューが公開されました。日本語のランゲージパックも同時に公開されたので合わせてインストールしてみました。

◇環境

  • Windows 2012 R2
  • SQL Server 2014

◇インストールパッケージ

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48712

 

1.「Install software prerequisites」をクリック

    

2.「次へ」

    

3.ライセンスチェックをして「次へ」

    

4.待ちます

    

5.いったん終了

    

6.勝手に再起動

    

7.再起動してログインするとインストールが始まる

    

8.しばらく待つと完了!

    

9.「Install SharePoint Server」をクリック

    

10.ダウンロードサイトにあるライセンスキーを入力

    

11.ライセンスに同意して、「Continue」をクリック

    

12.「Install Now」をクリック

    

13.しばらく待つ

    

14.インストールが完了すると、構成ウイザードを動かすか聞いてくるので、チェックを外して構成ウイザードを動かさない。

    日本語環境にしたいからね!

    

15.日本語ランゲージパックのDVDからインストーラーを実行

    ライセンスに同意して、「実行」

    

16.ちょっと待つ

    

17.ランゲージパックのインストールが終わると、構成ウイザードを動かすかを聞いてくるので、続行する

18.「Next」

    

19.「はい」

    

20.「Create a new server fam」を選択して、「Next」

    

21.SharePoint 2013と同様にDBと認証情報を入力して、「Next」

    

22.SharePoint2013と同様にキーを適当に入力

    

23.今回は「Single-Server Farm」を選択

    参考までに他のRoleを選択した画面

    

    

    

    

    

24.管理サイトのポートを指定して「Next」

    

25.「Next」

    

26.しばらく待つ

    

27.終了

    

28.全体管理サイトを開く

    

29.全体管理サイトで構成ウイザードを動かす

    

30.「Start the Wizard」

    

31.設定するサービスを選択する。

    今回はデフォルトで、サービスアカウントはSpsAdminを使った

    

    

    

    

32.しばらく待て!

    

33.トップサイトコレクションを作る

    ランゲージパックを入れたから日本語を選択できる!

    

    

    

    

    

34.ちょっと待て!

    

35.構成ウイザード完了!

    

36.2016のトップ画面

    

37.サイトの設定画面

    

 

Comments Off

ネタ元:Filter list view with url parameter. Strange behavior in Internet Explorer (SharePoint 2013)

image

URLパラメータを設定するだけで、フィルタが可能になります。

「FilterField1=ID&FilterValue2=0」のパラメータで1セットで、複数のパラメータをセットしたい場合は「&FilterField2=Title&FilterValue2=TEST」」の様なパラメータを後ろに追加する事が出来ます。

FilierField1とFilterValue1がセットになる様に、FilierField2とFilterValue2はセットになります。

URLを分解してみますと、下記の様になります。

FilterField1={内部名}
FilterValue1={値}

上記の内部名は、プロパティを空白なしの英語名で一旦作成すると便利です。
入力した英語名が内部名と成ります。
日本語で最初に登録すると、エンコードされた文字が内部名となるので、英語名で登録する癖をつけると良いです。

 

この仕様は、旧バージョンからの仕様です。
一寸調べた限り、2003には実装されている機能でした。
(2007の時に調べてたなと思い出し、、、改めて投稿)

Comments Off
10
1月
stored in: 未分類 and tagged:

インストーラーがワークグループでのインストールを制限してるのかな?

SharePoint2013ではworkgroup構成だと、構成できない様です。
昔のSharePoint は出来たのに・・・・
お客さんに、「とりあえずWorkgroupで入れちゃったら!?」って適当な事を言っちゃった!

2015-01-09_234544 - コピー

http://support.microsoft.com/kb/2764086/en-us

サポートしないだけだと思ったのだけど、、、
構成ウイザードで縛っちゃってる・・・

と、調べると、無茶なやつがいた!
http://blog.ciaops.com/2012/10/sharepoint-foundation-2013-workgroup.html

SharePoint 2013 PowerShellを起動して、「new-spconfigurationdatabase」とするとPowerShellで構成ウイザードが動きます。
途中で、認証情報などを入力します。
デフォルトで入力不要な項目は、画面で入力を促されません!
その為、詳細に設定したい場合は引数などを調べる必要がありそうですね。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff607838%28v=office.15%29.aspx

2015-01-09_235535 - コピー

Comments Off
02
1月

無事に今年もMSMVPを再受賞する事が出来ました。
これで5回目の更新となります。

カテゴリは勿論「SharePoint Server」です。

今年も、コミュニティ会社共に宜しくお願いします。

Comments Off