SharePoint Server 2013から新しいワークフローインフラに移行しましたよね。新しいワークフローから、構築では色々と面倒な事が増えてきています。

2010ワークフローのみ使用するのであれば、下記のような手順は必要ないです。

SharePoint Serverへ新しいWorkflowを導入する手順として大まかに下記の手順となっています。

  1. Workflow Managerをインストール
  2. Workflow Managerを構成する
  3. SharePoint Serverで「User Profile Service」を構成
  4. SharePoint ServerとWorkflow Managerをペアリング

Workflow Manager関連では注意点が数個あります。

  • Workflow ManagerのバージョンとサポートするSPSのPatch・SQL Server・OS・.Net frameworkの確認
  • User Profile Serviceを構成して、同期済み
  • SQL ServerのプロトコルでTCP/IP または名前付きパイプが有効になっている
  • SQL Browser Service が実行している(ちょっと怪しいが害はない)
  • IISのアプリケーションプールで「Token Service Application Pool」の詳細設定で「ユーザープロファイルの読み込み」をTrueにする(ちょっと怪しい、、OSのバージョンに寄るような気がする)
  • WorkflowのRunAsAccountでWorkflowは動作しない

 

 

Comments Off

Comments are closed.