インストール対象のサーバー以外でよいので、事前にWebPICMDを使えるようにしておきます。

◆オフラインインストーラーの準備

webpicmd /offline /Products:ServiceBus /Language:ja /Path:D:\Web\ServiceBus

webpicmd /offline /Products:ServiceBus_1_1 /Language:ja /Path:D:\Web\ServiceBus_1_1

webpicmd /offline /Products:WorkflowClient /Language:ja /Path:D:\Web\WorkflowClient

webpicmd /offline /Products:WorkflowManagerRefresh /Language:ja /Path:D:\Web\WorkflowManagerRefresh

これで、Pathで指定した場所にオフラインインストーラーがダウンロードされます。

◆オフラインインストールコマンド(管理者権限のコマンドプロンプト)

※上から順番に実行します。

WebpiCmd.exe /Install /Products:ServiceBus /Language:ja /XML:D:\Web\ServiceBus\feeds\latest\webproductlist.xml

WebpiCmd.exe /Install /Products:ServiceBus_1_1 /Language:ja /XML:D:\Web\ServiceBus1.1\feeds\latest\webproductlist.xml

WebpiCmd.exe /Install /Products:WorkflowClient /Language:ja /XML:D:\Web\WorkflowClient\feeds\latest\webproductlist.xml

WebpiCmd.exe /Install /Products:WorkflowManagerRefresh /Language:ja /XML:D:\Web\WorkflowManagerRefresh\feeds\latest\webproductlist.xml

インストール先のサーバーにWebPICMDをインストールしてない場合は、準備したオフラインインストーラーにもあります。
「ServiceBus1.1\bin」配下に存在するのでカレントフォルダに移動するか、実行フォルダにコピーして、オフラインインストールします。

作成したオフラインインストーラーですが、そのほか必要なモジュールがインストールしてなければ、自動的にダウンロードしてインストールが進みます。

そのため、完全なオフラインでインストールしたければもう少し準備が必要です。

 

Comments Off

Comments are closed.