前々回に引き続きまして、R2へのMOSSインストール関連。

MOSSのインストール前に、SQL Serverをインストールする必要があります。
Windows 2008 R2へインストールできるSQL Serverは2005と2008です。

SQL 2008はSP1を適用する必要があります。
SQL 2005はSP3を適用する必要があります。
当然64Bit

すでにKB化されていました。(KB955725
SPの適用は、RTM版のインストール後でも問題無さそうです。
しかし、.Net 3.5は事前にインストールが必要です。

SQL ServerへのSP適用は必須なのでSP適用済みのイメージを作成しても良さそうです。
下記のリンクを参考にすれば難しくはないと思います。但し英語、Orz
Creating a merged (slipstreamed) drop containing SQL Server 2008 RTM + Service Pack 1

手順の概略を説明しますと、

1.SQL2008のイメージをディスクにコピーする
(「C:SQL」とする)
2.SP1をダウンロード
3.SP1のパッケージをSQLインストールイメージのPCUフォルダに解凍する。
(「C:SQLPCU」に解凍)
4.「Setup.exe」と「Setup.rll」をPUCフォルダから、インストールイメージ直下にコピーする
5.PCUフォルダ配下のCPU別フォルダ(x64など)から「Microsoft.SQL.Chainer.PackageData.dll」以外のファイルをインストールイメージ直下にあるCPU別フォルダにコピーする
6.各CPU別フォルダにある「defaultsetup.ini」にPCUSOURCEプロパティを追加

[SQLSERVER2008]
PCUSOURCE="{full path}PCU"

これだけです。
毎回SPを適用するのは面倒なので、SP適用済みイメージを作ると楽だと思います。

Comments Off

Comments are closed.