SilverlightSquareで喋って既に1っか月、、
夏休みの宿題が終わらない子供みたい、、、

前回の投稿で、開発が完了したので実際に展開してみたいと思います。

先ずは、完成したイメージから、、 下記の手順で展開します。
事前に、Sandboxd Solutionの設定は済ませておいてください。
WS000441

  1. サイトコレクションへソリューション(WSPファイル)のアップロードをして、アクティブ化に成っている事を確認します。非アクティブならアクティブ化してください。
    WS000435
  2. サイトコレクションの機能で「Hentai Chart」をアクティブ化されている事を確認します。非アクティブならアクティブ化してください。
    WS000436
  3. サイトコレクションの機能がアクティブ化れていると、「Hentai」リストが作成されています。
    WS000437
  4. 「Hentai」リストには、変態の名前と、変態パワーを登録してください。変態パワーがわからない場合は、スカウターがあると便利です。
    WS000438
  5. 取あえず、一通り登録してみました。
    WS000439
  6. Webパーツを設置するページで編集モードに切り替え作成したHentai Webパーツを追加してみます。
    WS000440
  7. これで変態パワーが可視化されました。
    WS000441

次回は変態をクラウドに持っていきます!

Comments Off

Comments are closed.