SharePoint2010RTMのデモ用Hyper-V環境が公開されました。
ベースとなるWindows2008R2とSharePointにランゲージパックを適用すれば日本語の環境として利用可能です。

2010 Information Worker Demonstration and Evaluation Virtual Machine (RTM)

公開されているVHDは下記のソフトが導入済みだそうです。

  1. Windows Server 2008 R2 Standard Evaluation Edition x64, running as an Active Directory Domain Controller for the “CONTOSO.COM” domain with DNS and WINS
  2. Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise Edition with Analysis, Notification, and Reporting Services
  3. Microsoft Office Communication Server 2007 R2
  4. Microsoft Visual Studio 2010
  5. Microsoft SharePoint Server 2010 Enterprise Edition
  6. Microsoft Office Web Applications
  7. Microsoft FAST Search for SharePoint 2010
  8. Microsoft Project Server 2010
  9. Microsoft Office Professional Plus 2010
  10. Microsoft Visio 2010
  11. Microsoft Project 2010
  12. Microsoft Office Communicator 2007 R2

で、必要な環境は、、

  1. Hyper-V2.0環境(Windows2008R2のHyper-V)
  2. 割り当てメモリ8GB以上
    • と言う事は10GBのメモリを積んだPCが必要?
  3. ディスク容量50GB

となっています。

そんなマシンないよ。。。Orz

ちなみに、Windows2008R2のLanguage Packは公開されてますが、SharePoint2010は公開されていない様でした。
Windows Server 2008 R2 複数言語ユーザー インターフェイス言語パック

Comments Off

Comments are closed.