ちょっと遅くなりましたが、フィールド値によって権限を書き換える方法を紹介します。
SharePoint Designerで「Useful Sharepoint Designer Custom Workflow Activities」を使って権限を書き換えます。

「Useful Sharepoint Designer Custom Workflow Activities」についてはこちらを参照して下さい。

使い方自体は簡単、アクティビティをインストールすれば下記の様なアクティビティが表示されます。

「Grant Permission On Item」を選んで参照可能者に権限を付与すればいいのですが、権限を設定する、リスト(ライブラリ)は参照権限を事前にはく奪する必要があります。
下の様に、権限を設定するリストは事前に独自権限設定にして、”閲覧”権限を無くします。

下の様に閲覧者は削除します。

そうすると、、閲覧者にはリスト(ライブラリ)が見えなくなります。
下の様な感じになります。

WS000118

これで準備完了です。
次回へ続く、、

フィールドの値によってアイテムの権限を書き換える1
フィールドの値によってアイテムの権限を書き換える2
フィールドの値によってアイテムの権限を書き換える3
フィールドの値によってアイテムの権限を書き換える4

Comments Off

Comments are closed.