SharePoint TeamのBlog等でも公開されていますが、SharePoint 2010は64bitのみ対応しています。

現在使用しているSharePointは64Bit化していますか?
多くの企業では依然32Bit環境が多く使われていると思われます。

SharePointバージョンアップの前提として64Bit化は必須要件です。

SharePoint2010への移行を検討している場合は、事前に65Bit環境へ移行した方が

SharePoint2010への移行を検討している場合は、バージョンアップ前に64Bit環境へ移行した方が良いでしょう。
SharePoint2007間で32Bit環境から64Bit環境への移行シナリオを紹介されています。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd622865.aspx

64Bit化の注意としては、

  • SQL Serverも64Bit化が必要
  • SharePoint2010はWindows2008以降のみ対応
  • Notes検索用のアダプタは現状32Bit版のみ存在
  • 開発したWebパーツは、コンパイルオプションにAny CPUを設定して再ビルド
  • BDCを使っている場合は、再設定が必要になる可能性
    • DB接続ドライバ名が変わる可能性がある為
    • クライアントが32Bitのみの場合は、DB接続ドライバ名を合わせれない可能性
  • 64Bit対応済みの、検索用iFilterが場合があるか?

の様な感じです。

Comments Off

Comments are closed.