SharePoint2010で導入された管理されたメタデータ、これが表示されなくなる事が有ります。
原因は、管理されたメタデータ(用語ストア)用のリストにアクセス出来なくなる為です。
メタデータ用のリストにアクセスできなくなる理由と対応を解説します。

下記のスクリーンショットでは、「Taxonomy」という列名で、「管理されたメタデータ」を選択しています。
今回の例では、「Taxonomy」という列名が管理されたメタデータ列です。
WS000491

正常に用語ストアより取得したメタデータが表示されていたが、いつの間にか使用出来なくなる事が有ります。
原因は、「NT AUTHORITY\Authenticated Users」に対する権限をサイトコレクションで削除してしまう事に起因します。下記の様に”ユーザーとグループ すべてのグループ”に「NT AUTHORITY\Authenticated Users」が表示されています。
WS000481

編集をクリックし、「サイトコレクションからのユーザーの削除」をクリックすると、、管理されたメタデータが使用できなくなります!
WS000482

【一般ユーザーがアクセスできない画面 】
WS000483

【管理者ユーザーがアクセス出来ている画面 】
WS000484

 

回復するには!

SharePoint Designer 2010で該当サイトへアクセスして、リストの「TaxonomyHiddenList」を探します。
WS000485

プロパティを開くと下記の画面が表示されますので、「このリストに対する権限」をクリックします。
WS000486

「TaxonomyHiddenList」の権限を開くと、固有の権限が付与されている事が判ります。
権限もシステムアカウントにのみ付与されていて、他に権限が有りません。
これが原因の様です!
WS000487

ここで、アクセス権を設定すれば復旧できます。
付与するユーザーは、「NT AUTHORITY\Authenticated Users」で、”参照”権限を付与します。
WS000488

これで、管理されたメタデータへ一般ユーザーがアクセスする事が出来るようになります。
WS000490

めでたし めでたし

Comments Off

Comments are closed.