久しぶりに真面なPOSTをします。

さるLive SharePointな方との飲み会で話題に上がった件、今更ですがBlogにエントリします。

CQWP(コンテンツクエリWebパーツ)をカスタマイズするには、XSLTのスタイルシートを編集します。
しかし、スタイルはサイト内で共有されている為に一つの修正が全体に影響します。
その為、カスタマイズが出来なかった事が有ると思います。

解決策

標準のXSLTスタイルシートをコピーし、独自のスタイルシートを作成する。

手順

  1. CQWPをエクスポートします。
  2. 任意の場所に、 XSLファイルをコピーする。
    (ContentQueryMain.xsl , Header.xsl , ItemStyle.xsl)
  3. エクスポートしたWebパーツをテキストエディタで開き、コピーしたXSLファイルのパスを設定する。設定するプロパティは、「HearderXslLink」「MainXslLink」「ItemXslLink」の3個で、それぞれサーバールートからのフルパスを設定する
  4. サイトコレクションのWebパーツギャラリーに修正したWebパーツをアップロードします。名前やタイトルはわかりやす名称で登録します。
    WS000010
  5. 通常通り「Webパーツの追加」から、Webパーツをページ上に設置できます。
Comments Off

Comments are closed.