ネタ元:http://www.codeproject.com/KB/sharepoint/SSLCertificate.aspx

ネタ元と大体同じ事を書いてます。。。要望が有ったのでPOST
大まかに、下記の手順となります。(検証用なら1は不要、デフォルトの証明書でもOKと思う)

  • 証明書の作成
  • SharePointのWebアプリケーションの拡張
    (SSL用に拡張)
  • 拡張して作成されたSSLサイトを、IISマネージャを使用して証明書を選択する

注意事項として、自己証明書でエラーに成るとクロールなどに影響します。
クロールはSSL無しを使用して、検索結果にSSLサイトを使用する場合は「サーバー名マッピング」を使用する等の考慮が必要になります。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc262907%28office.12%29.aspx

1.IISマネージャで「サーバー証明書」をクリックする。

2. 「自己証明書入りの証明書の作成」をクリック

3.適切な名前を設定します。

4.作成した証明書が保存されます。

5.「既存のWebアプリケーションの拡張」をクリックする

6.Webアプリケーションは、既存の物を今回は使用します。(ポート80番のサイト)
ここで設定するのは、「ポート番号=443」、「SSLを使用する=はい」です。
URLも意図した通りに成っている事を確認
(ポート443番はHTTPSの標準ポートなので、ブラウザでは「:443」を省略して入力します。)

7.作成したサイト「SharePoint – 443」のバインド設定を開き、「SSL証明書」を選択する。

8.ブラウザでサイトを開くと証明書のエラーが表示されるので、「閲覧を続行する」をクリック

9.今回は自己証明書の為エラーが発生していますが、公的な証明書等をインストールすればエラーは発生しません。(又は、クライアントに証明書をインストールすればOK)

Comments Off

Comments are closed.