むか~し、、紹介して、、追加で紹介するのを忘れていたソリューション

SSIS経由で、SharePoint Listへアクセス出来ます。
とっても便利ですが、インストールに少し癖があります。

インストールイメージは、ココからダウンロードできます。
(SQL 2005用のイメージもダウンロード可能です。)

インストール手順と、利用方法は、、ココに詳しく書かれています。
ちょっと癖があるので、簡単にインストール手順を記載します。

  1. インストーラーでアセンブリをインストールする
  2. BIDS(Business Intelligence Development Studio)を起動
  3. テンプレート「Integration Services プロジェクト」を使いプロジェクトを作成する
  4. SSISパッケージを選択して、データフロータスクを追加する
  5. データフローを開いた状態でツールメニューを開く
    ツールボックスアイテムの選択
  6. 「コマンドボックス アイテムの選択」 で、「SharePoint List Destination」 と 「SharePoint List Source」を選択する
    WS000134
  7. ツールメニューに、「SharePoint List Destination」 と 「SharePoint List Source」が追加される。それぞれ、変換元と変換先に移動したら使いやすいと思います。

今日はココまで、、

SSIS 2008 でSharePoint Listを取得
SSIS 2008 でSharePoint Listを取得2
SSIS 2008 でSharePoint Listを取得3

Comments Off

Comments are closed.