以前からSharePointオブジェクトのDisposeチェックをするツールの存在は知っていたのですが今回初めて試してみました。

ツールの名前は「SPDisposeCheck」です。
ダウンロードはリンク先の「The SPDisposeCheck tool can be downloaded here」からして下さい。

Disposeをしない弊害などは、「SharePoint Designersブログ」さんが詳しく解説しているので省略します。

実行結果は下記の通り、、、
Total Found: 3 、、、3箇所でDisposeもれ?
WS001078 WS001077

確認すると、Usingしている場合は何も表示されません。正常です。

問題は、、下記のロジックで確認メッセージが表示されるようです。
経路によってはDisposeされないと判断したのでしょうか?
ロジックを追いかけて問題なければ無視をすればOKですね。

if (_spWeb != null)
{
  _spWeb.Dispose();
  _spWeb = null;
}

Comments Off

Comments are closed.