18
2月

前回まで、リソースの展開について書きました。
リソースの使い方も書かなければ片手落ちなので簡単に書こうと思います。
リソースの展開(VSeWSS v1.3 CPT)1
リソースの展開(VSeWSS v1.3 CPT) 2
リソースの展開(VSeWSS v1.3 CPT) 3
展開したリソースは、プログラムやASPX、XML等から利用できます。
利用方法は下記の通り。
展開したリソースは、「MyResource.XX-XX.resx」とします。

  1. C#
    1. HttpContext.GetGlobalResourceObject(“MyResource”, “MyName”).ToString();
    2. SPUtility.GetLocalizedString(source, defaultResourceFile, language).ToString();
  2. ASPX
    1. <%$Resources:MyResource, MyName%>
    2. <%$ResourcesNoEncode:MyResource, MyName%>
      1. Provisioning resourcesのみ利用できる様な感じ、、
  3. XMLなど
    1. $Resources:MyResource, MyName;
    2. $Resources:MyName;
      1. featureで「DefaultResourceFile」を設定している場合。
    3. $ResourcesNoEncode:MyResource, MyName;
      1. Provisioning resourcesのみ利用できる様な感じ、、
Comments Off

Comments are closed.