前回で、ストレージの設定は完了したのでStoragePointの総括をします。

外部BLOBのAPIはSharePoint 3.0 のSP1で実装された機能だそうです。
外部BLOBと当Blogでは呼んでいましたが、外部バイナリストレージ=External BLOB Storage(EBS)が正しい様です。
詳細は、Technetに記載されていますので割愛します。

Technetで書かれている事の概略として、

  • SQL ServerのFILESTREAMを使用した実装ではない
  • SQL ServerのImageデータ型にSharePointのファイルを保存する為、Imageデータ型の制限2GB以上のファイルはアーキテクチャ上保存できない
  • IMAGE型のデータも含めてトランザクションログに保存されるストレージコスト
  • SQL Serverのファイルストリーミングのパフォーマンスはファイルサーバーに劣る
  • EBSプロバイダはCOMで実装されているので、高速に動作可能だが64Bitと32Bitは別々に作成する必要がある
  • EBSプロバイダが遅いと、システム全体が遅くなるのでアンマネージコードで実装するべき
  • 障害発生時のSQLリストアにはBLOBデータも含めると時間がかかる

の様な事が書かれています。
本来的には、SQL ServerのFILESTREAMを使う方が美しいのでしょうね。

今回、EBSプロバイダの実装である、StoragePointを検証して下記の様なメリット・デメリットを感じました。

メリットとして

  1. SharePointのドキュメントライブラリが高速になる可能性が大
    1. SQL ServerのDB自動拡張時のロック
    2. 冗長なIO
    3. SQL Serverは本来はメタを保存する製品
  2. SQL Serverの負荷を下げる
  3. BLOBストレージのフォルダは細かくフォルダを分割するのでスケーラブルに動作する可能性大
  4. バックアップ時間の短縮
  5. 圧縮される為、ストレージの節約
  6. CIFSに対応していれば、標準でBLOBストレージのストア先に設定できそう

デメリットは

  1. SharePointをバージョンアップする手順は有るの?
  2. バックアップ運用の複雑化(SQLとファイルサーバーの整合性が取れた状態でばおっくアップをとる必要がある、VSSを使えば可能か?)
  3. SQL ServerのDRソリューションが使いにくい、ログシッピングとか、、ミラーリングとか
    1. きちんと設計すれば大丈夫だと思うが、、

の様な感じでしょうか

StoragePoint インストール ~インデックス

ダウンロードは此方から

Comments Off

Comments are closed.