SharePointのログ」のコンテンツと構造のログ編です。

調べたのですが、あまり情報がないですねー

「サイトコレクションの機能」で「Office SharePoint Server 発行インフラストラクチャ」を有効化するとサイトの管理画面に「コンテンツと構造のログ」がメニューに表示されます。
WS000693 

「コンテンツと構造のログ」を開くとこの様な画面が表示されます。
通常の「コンテンツと構造」と何が違うのかな?
WS000694

サイトのコンテンツと構造を扱う – SharePoint Server – Microsoft Office Online

コンテンツと構造に関する知識を深めた方が良いのかもしれません。
とても便利な機能で、サイト内で自分が編集中のドキュメント・承認待ち・自分が承認するワークフロー等を一元的に参照する機能があります。
「サイトの操作」メニューから、「レポートの表示」で様々なビューが参照できます。
WS000696

下記の画面は、「承認待ち」を開いた処です。
WS000698 

実はこのレポートはカスタマイズが出来るようです。
CAMLによるクエリで実装されている様です。
「コンテンツと構造のレポート」ライブラリへクエリを追加すれば良いようです。
WS000701

通常のカスタムリストの様な感じですね。
対象ユーザー等設定できるので、柔軟な運用も可能です。
試しに、既存のレポートのCAMLクエリをカスタマイズすると内容は想定通りに変わりました。
しかし、「新規」メニューから新しくレポートを追加してみても、「サイトの操作」メニューには追加されないようでした。
もう一仕事が必要なのかと想定しています。

Comments Off

Comments are closed.