http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2009/05/21/attention-important-information-on-service-pack-2.aspx

SP2をインストールすると、製品版でも有効期限が有効に成るようです。
SP2適用の180日後、MOSSの機能が利用できなくなるそうです。

有効期限が切れた場合も、データは失われず、WSSの機能は利用可能です。

KBも公開済みです。
http://support.microsoft.com/kb/971620

SP2が導入済みの場合は、評価版から製品版のライセンスキーを登録し直せば元に戻るようです。
手順は下記を参考にしてください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc263204.aspx

また、自動的に修復するツールも準備しているようです。

Comments Off

Comments are closed.